おきなわSPOT

ガーナー森 ~大怪獣~

 

 

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは那覇市にありますガーナー森

街中に残された封印されし大怪獣です。

 

ga-na-koukuu

ガーナー森周辺の航空写真。

 

Googleマップなどで上から見るとわかりやすいかと思うのですが、ガーナー森がある小禄地区はまぁまぁ都会です。

すぐ横をゆいレールや大きな道路が通っていて交通の便もいいですし、徒歩県内にセルラースタジアム、小禄高校、県立武道館など、人が集まる場所も多い場所です。

 

そしてそんな人通りの多い場所に建つ天下一品(ラーメン屋)の駐車場に、何故か森が残されているのです。

 

DSC09883

コンクリートジャングルに残されたジャングル。

 

これがガーナー森。

こんな街中に森が残されているのはガーナー森が御嶽(沖縄の聖地のこと)だから、という沖縄ではよくある理由なんですが、ガーナー森が御嶽とされるようになったのには面白い伝承が残されているんです。

 

hr

 

昔、ガーナー森は海に浮かぶ生きた小島でした。

その頃のガーナー森は海を泳ぎ回り、大暴れして付近の村の人々を困らせていました。

ga-na-mui

当時のガーナー森(僕の想像図)

 

ある時、ガーナー森は真玉橋の村に目を付け、あの村を喰らい尽くしてやろうと考えました。

それに気づいた村人は驚き、鎌や鍬を手にしてガーナー森を退治しようと待ち構えましたが、体の大きなガーナー森には、その様子も見えていました。

『あんな武器で俺を倒そうなんて、ちゃんちゃらおかしい』

ガーナー森は待ち構える村人を意にも介さず、真玉橋を目指します。

 

その様子を空から見ていた神様は、

『ガーナー森に多くの人々がいじめられてしまうのは可哀想だ』

と思い、ガーナー森の尻尾目掛けて大きな岩を二つ投げました。

 

kamisamauru

大岩を投げる神様(僕の想像図)

 

 

二つの岩は見事にガーナー森の尻尾に落ち、尻尾を押さえ込まれたガーナー森は動けなくなってしまいました。

真玉橋の村の人々は神様に感謝し、また、二度とガーナー森が動けないように、森の魔風を押し返すシーサーを置いて封印を強め、平和が訪れました。

 

hr

 

そう、ガーナー森はかつて大怪獣だったというのです。

 

大暴れしていたことで神様に岩を落とされ、その隙にシーサーで封印されてしまったガーナー森。

このシーサーというのが、豊見城市にあるイリヌシーサーというもの。

神様が落とした岩を削り出して作られたとされるシーサーだったのですが、初代イリヌシーサーは戦争(一説には交通事故)で焼失してしまい、現在設置されているのは後に作り直された二代目であるとのことです。

 

二代目は神様から与えられた霊石(?)で作られているわけではなさそうなので、ガーナー森が復活してしまいそうですが…

 

 

ga-na-koukuu

 

周囲はすでに埋め立てられてしまっているので、封印が無くともガーナー森は動けないみたいです。

 

 

 

それでは最後に、ガーナー森の基本情報です。

 

名前 ガーナー森
タイプ 御嶽
住所 沖縄県那覇市鏡原町
電話番号 --
入場料 無料。
定休日 年中無休
営業時間

見学自由

※但し、危険なので日中の見学をオススメします。

所要時間 10分
駐車場 無し
アクセス 那覇空港から明治橋交差点を右折、那覇大橋(東)で更に右折して天下一品小禄店とファミリーマートの駐車場に入る。車で10分。
トイレの綺麗さ 無し
服装 歩きやすい靴で!
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

ファミリーマートにお寄りの際にチラ見してみてください。内部は危険なので入らないでください。

地元民へのオススメ度

個人的には好きな場所なんですが、危険です。

ディープスポット度

☆☆☆☆☆

超街中にあるにも関わらず、地元民ですら知らない場所です。

接客 --
バリアフリー ×
周辺の観光地

国際通りまで車で15分

瀬長島まで車で15分

シーサーの生息数 0体。
備考 内部は足場が悪く、大変危険です。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年8月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

ガーナー森の中に入ることも出来るのですが、足場が悪く大変危険です。

内部がどうなっているのかは、また後日ご紹介しますね!

 

 

それではまた!

 

 

[contentblock id=footerlink]

 

 

 

 

 

-おきなわSPOT