おきなわSPOT

字高安の龕屋 ~place to store a body in a coffin before burial of Takayasu~

『龕屋』ってなんだかわかりますか?

というかコレ、読めます?

幼い頃は”子供会で最も神に近い男”の異名で恐れられていた僕でも読めませんでした。

 

ことの発端は、『豊見城市に龕屋があるらしい』という情報を得たことでした。

 

龕屋。

『がんや』と読むそうです。読めたところで意味がわかりませんよね。

 

僕は龕屋が何なのか知らないまま、また、調べることも無いまま、件の場所に赴くことにしました。

調べなくても、実物を見れば龕屋の正体は自ずと解るだろうと思ったのです。

 

 

というわけで龕屋の写真を撮ってきました。

実物をご覧いただきましょう。

↓これが龕屋です!

 

 

DSC09902

 

ご覧いただきました。こちらが龕屋です。

実物を見ても何かわかりませんね。

 

仕方ありません。

僕は龕屋の正体を突き止めるべく、Googleで検索してみました。

 

ganyanoimi

 

OH!なるほどなるほど。

龕屋とは、place to store a body in a coffin before burialのことなのだそうです。

ハハハ。英語力の低い僕を馬鹿にしようというのか。

日本語で教えてくれよ頼むから。

 

 

仕方ないので、place to store a body in a coffin before burialという文章を、Google翻訳にかけてみると…

 

 

placetostoreabodyinacoffinbeforeburialnoimi

 

ついに真相が明らかに…!

そう、龕屋とは、埋葬の前に棺に体を格納する場所だったのです!!

 

よくわかりませんが、『体を格納する』って言い回しがイカしてますよね。

ガンダムみたいで。

 

kotiragagantoiumono

これが龕。

 

死者を収めた棺を乗せて運ぶ屋形型の輿のことを『龕(がん)』と呼ぶのだそうです。

いわば昔の霊柩車みたいなものですね。

こちら字高安の龕は、1952年から1968年まで実際に使用されていたものなのだそうです。

 

そして龕屋は、かつて使われていた龕を保管するための施設

『え?保管しといてどうするの?もう使われてないんでしょ?』って思った方もいるかもしれませんね。

(そんなアナタの今週のラッキーカラーは”まつざきしげる色”です。)

 

実はこの地域では毎年旧暦の8月9日には龕屋の扉を開け、龕に供物を供えて地域住民の無病息災を祈るという習慣があり、使われなくなった今でも、ご先祖様の遺体が収められていた龕を大切にしているのです。

 

また、12年に一度、辰年の旧暦8月9日には『龕ゴウ祭』というお祭りが開催されます。

gannoomaturimoarudeyo

龕ゴウ祭の様子。(どうやら雨天決行。)

 

龕ゴウ祭は、龕の修復作業を行い、無病息災を祈願し、農作物の豊作を祈願し、龕に宿る魂を鎮め、集落内の悪霊を追い払う、という盛りだくさんの内容となっております。

あまり有名なお祭りではありませんが、琉球空手、棒術、旗頭、琉球舞踊といった、沖縄の代表的かつ観光地ではなかなか見学できないタイプの伝統芸能が奉納されますので、地元民に混じって少なからず観光客が見学することもあるようです。

龕を実際に見てみたい方は、地元住民でもない限り龕ゴウ祭を狙うしかありませんので、興味のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

次回の龕ゴウ祭の開催は2024年なのでだいぶ先ですけど。

 

 

それでは最後に、龕屋の基本情報です。

名前 龕屋(がんやー)
タイプ 史跡(無指定)
住所 沖縄県豊見城市字高安
電話番号 --
入場料 無料。
定休日 年中無休
営業時間 見学自由
所要時間 5分
駐車場 無し
マップ [map addr="沖縄県豊見城市高安" "width="100%" "height="300px"]
トイレの綺麗さ 無し
服装 オールOK。
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

龕ゴウ祭が開かれているときならいいかも。

地元民へのオススメ度

まぁ見学に行くような感じのアレではない。

ディープスポット度 ☆☆☆☆

知らなきゃ知らないレベル。知ってたら探せる。

接客 --
バリアフリー

車道のすぐそばにあるので車椅子でも大丈夫。

周辺の観光地 瀬長島まで車で20分

ナハパイナップルハウスまで車で25分

備考 テイクアウト系の食べ物屋さんが多いです。

 

尚、この情報は記事作成時(2015年5月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

それではまた!

 

ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,835から
(2015/5/6 15:53時点)

[contentblock id=footerlink] ←松崎しげるって、なんでこんなにいい人なんだろう。

-おきなわSPOT
-, ,