OKINAWAコラム!

6月23日は沖縄だけ休日

オセロット!昆布山葵でギョざいます!(さかなクンの動画見てた。)

さて、本日は沖縄県における6月23日というもののお話。
沖縄県外の人にはあまり知られていないようですが、沖縄県では多くの学校が、6月23日を休校日としています。
それどころか、県庁や市町村役場の職員もお休みです。

 

なぜなら、沖縄県で6月23日は慰霊の日として定められているから。

慰霊の日は沖縄県だけの祝祭日で、この日は糸満市の平和記念公園などで戦没者慰霊祭などが行われます
また、これも県外の人に驚かれることですが、沖縄県のショッピングセンターや観光施設といった多くの人が集まる施設では、6月23日の正午になると、

 

『本日は慰霊の日です。一分間の黙祷にご協力ください。』

 

といったアナウンスが流れ、『え?何の話?』と戸惑う観光客をよそに地元民が揃って動きを止め、黙祷し始めます
沖縄県民にとっては毎年恒例のことですが、何も知らない観光客は、異世界に迷い込んだアルパカのようにオロオロします
こうして年に一度、沖縄県民は沖縄戦で亡くなったご先祖さま達に祈りを捧げているわけです。

まぁ別に義務じゃないので黙祷しなくたっていいわけですが、県外の人の想像を超えるくらいの人数が、この『黙祷しましょう』というアナウンスに応じます。

僕は以前、ちょっと急いでいる時に慰霊の日の正午を迎えてしまい、黙祷せずにやり過ごそうとしたことがあるのですが、通りがかったコンビニの前にタムロっていた暴走族風の厳ついお兄様がたがヤンキー座りのまま黙祷しているのを目撃し、己を恥じて黙祷を始めたことがあります。
沖縄では、ちょっと怖いお兄様がたもこうして先祖への敬意を忘れないのですね。
まぁ、たまたま慰霊の日にかぶっただけで、『ここで事故ったアキラへの黙祷を捧げるぜ夜露死苦!』とかやってた可能性も無くは…無いか。

 

今年ももうすぐ慰霊の日がやってきます。
沖縄県外にお住まいの方の暮らしに直接影響はありませんが、もしよろしければ、正午に一分間だけ、黙祷してみてくださいね。

 

 

 

今日はちょっと真面目な記事になってしまったので、記事本文とは完全に無関係ですが、最後に、僕が描いた使い道の無いイラストをご紹介して終わろうと思います。

 

 

kirinman

 

タイトルは、『両乳首からミニサイズのキリンが生えていることを隠したまま課長に上り詰めた男』です。

フリー素材ですので、どうぞご自由にお使いください。

就職活動中の方はこのイラストをプリントアウトして履歴書の写真欄などに貼れば、試験官に『ムムム!コイツは他のヤツとは一味違うな!!』と思われて落ちます。

 

 

Schleich シュライヒ キリン(メス) 14320

[contentblock id=footerlink]
←キリン。

-OKINAWAコラム!
-,