OKINAWAコラム!

【OKINAWAコラム】ノッチ isn't オバマ

koramu

 

沖縄の海岸沿いを眺めてみると、海面になんかキノコっぽい巨岩が生えているのがわかります。

 

DSC01402

こんなの。

 

これはノッチと呼ばれる岩。

『ノッチ』という名称…。これが沖縄の方言なのか、標準語なのか、英語なのか、デンジャラスなのか、パフュームなのか、語源がちょっとわかりませんがそう呼ばれています。

また、キノコっぽい形なので単純にキノコ岩と呼ばれることもあるようです。

 

面白い形をした岩ですよね。

さてここで三択クイズです。なぜこんな不思議な形の岩が出来るのでしょうか?

1.古代の巨大キノコの化石。

2.現代アートとして岩を削る”ノッチ職人”の仕業。

3.海岸沿いに隆起したサンゴ礁の根元が、波の力や海中生物により長い年月をかけて削られた。波が静かで遠浅な海ほど、均一に岩が削れるためにきれいなキノコ状になる。

 

 

分かりました?

この問題を正解した方が『豪華!カジノで豪遊ラスベガス8日間の旅』にいつか行けるように、僕が神社でお祈りしてきますね。(本人の望む望まないに関わらず)

 

正解は3番です。何十年~何百年という時間をかけて波が岩を削り、巨岩の下部だけが細くなっていくことで結果として、キノコみたいな岩が完成するとのこと。

 

あ。閃いた。

 

下半身太りにお悩みの方、200~300年くらい遠浅の海に立ち尽くしてみてはいかがですか?

きっと波の力で下半身についた余分な脂肪がすこしづつ削られ、数百年後にはキノコみたいな体型になれると思いますよ!

 

 

 

 

バナナ炎炎 バナナマン フィギュアストラップ 【2.日村勇紀A】

新品価格
¥980から
(2014/9/26 14:56時点)

[contentblock id=footerlink]

←キノコみたいな体型

-OKINAWAコラム!
-, , , ,