おきなわSPOT

第一牧志公設市場 ~金山リバーサイドスポーツセンター~

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは、那覇市にあります第一牧志公設市場

沖縄県民の台所として長年親しまれてきた場所ですが、近年は観光地としても人気になっております。

 

DSC09439

入口がすこぶるわかりにくい。

 

第一牧志公設市場(略して いいちこ)は、大人気観光地である国際通り横のアーケード街、市場本通りの中にあります。

アーケード街ゆえ雨の日でも問題なく見学できるというのが大きな魅力のひとつですね!

 

でも初めて来た方には入口がわかりにくいというデメリットも…

道に迷わないか不安だという方は、市場本通りの中にあるお店の店員さんに聞くか、事前に千里眼を身につけておくと良いかと思います。

 

DSC09440

 

ちなみに入口はこんな感じ。お店とお店の間に小さな扉が設けられています。

ぱっと見、関係者以外立ち入り禁止っぽいというか、こんな小さな扉の奥に市場が…?と不安になってしまいそうな観光客泣かせのビジュアルですが、勇気を持って扉を開けましょう!

もしもアナタが、『俺…男なのに、イケメンな先輩を見るとなんだかドキドキしてくる…これってまさか…恋…?』といった感じの経験をしたことがあるなら、その扉を開いた時と同じように勇気を出しましょう。

 

DSC09449

 

中に入って見ると、小さな扉からは想像もできないほど大きな市場が広がっています。

その広さたるや、なんと下呂市の金山リバーサイドスポーツセンターとほぼ同じ!!

あの金山リバーサイドスポーツセンターと同じ広さだなんて…驚きですよね!

 

DSC09448

 

DSC09444

 

市場内には、他県ではなかなか目にすることのない珍しい食材が売られています。

中味というのは豚の内臓、ヤシガニは熱帯地方に生息する巨大なヤドカリの仲間、バダ・ハリはオランダ出身のキックボクサーのことです。

珍しいものが多いので、見て回るだけでも十分楽しめると思います。

ただ、ここは市場だけあって店員さんの活気の良さが半端ではなく、歩いているだけでかなりの客引きに声をかけられます。

気の弱い人はちょっとビックリするかもしれません。あらかじめご了承くださいませ。

 

DSC09441k

 

公設市場の醍醐味は、市場で買った食材を二階にある食堂でそのまま調理してもらえるというところ!

ヤシガニなんて買っても持ち帰れないよ…というお悩みもコレで解決!買ったらすぐ食えばいいんです!

もちろん調理料金はかかりますが、市場見学のついでにお昼ご飯でも…という時によいのではないでしょうか!

 

 

それでは最後に、第一牧志公設市場の基本情報です。

名前 第一牧志公設市場(だいいちまきしこうせついちば)
タイプ 市場
住所 沖縄県那覇市松尾2-10-1
電話番号 --
入場料 無料。
定休日 第4日曜、鮮魚店は第2・4・5日曜、12月は無休
営業時間 各店舗によって異なりますが、およそ8時~20時
所要時間 30分
駐車場 無し
マップ [map addr="沖縄県那覇市松尾2-10-1" "width="100%" "height="300px"]
トイレの綺麗さ ☆☆
服装 魚類コーナー床びっちゃびちゃだったりなので、濡れにくい靴なんかがいいかも。
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

☆☆☆

客引き耐性のあるかたは是非行ってみてください。買った食材は有料で調理してもらうこともできます。

地元民へのオススメ度

☆☆☆

なんやかんやで、沖縄の食材がたくさん揃ってます。

ディープスポット度

☆☆

観光客も地元客も多い場所です。

接客

--

店舗によって異なる。という感じに…

バリアフリー

×

昔つくられた施設なので、段差が多く通り道が狭いです。

周辺の観光地 国際通りまで歩いて5分

市場本通りまで歩いて5秒

備考 二階は食堂になっています。

 

尚、この情報は記事作成時(2015年7月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

それではまた!

 

 

 

島猫と歩く那覇スージぐゎー<路地>

[contentblock id=footerlink] ←猫連れて市場に入ったら絶対怒られるから気をつけようぜ!

-おきなわSPOT
-, , ,