おきなわSPOT

中の井 ~かつての賑やかな様相~

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは、南風原町にあります中の井(ナカヌカー)

昔の人々の暮らしを感じることのできるスポットですよ!

 

DSC02163

ナカヌカー公園

 

さて、まずは中の井(ナカヌカー)というものについてご説明をば。

 

中の井とは、現在の南風原町喜屋武地区にかつてあった井戸のことです。

1928年(昭和3年)、水道設備の無かったこの地区に、井戸と用水池が掘られました。

中の井の水は当時の人々の飲料水や洗濯などに利用され、また、隣の用水池では芋や野菜を洗ったり、農作業を終えた馬に水浴びなどに利用されていたようです。

当時の人々の暮らしに欠かせなかった中の井の周りは、自然と人々の憩いの場にもなっていきました。

洗濯をしながら近所の奥様がたで会話をしたり、それについてきた子供たちの笑い声が響いたりと、中の井はいつも賑やかであったそうです。

 

 

DSC02162

もう無い。

 

しかし、1962年(昭和37年)には、この地区にも水道が普及したことで、中の井と用水池はその役目を終えて埋め立てられてしまいました。

上の写真はかつて中の井があった場所なのですが…完全に埋め立てられ、井戸や池の痕跡はほとんど見てとれません。

ただし、地域住民に愛されたこの場所は、小さいながら公園として整備され、『ナカヌカー公園』という名前で残されています。

公園とはいっても、小さなブランコと滑り台があるくらいで、かつてのような賑わいはありませんが…

 

僕はこの地域の出身ではないので、中の井に対して特に思い入れがある訳ではありませんが、かつて賑やかだった場所が静まり返っている様子を見ていると何だか切ない気持ちになってしまいます。

しかし、静かな公園をぼーっと眺め、『あぁ、昔はここに、賑やかな日常があったのだろうなぁ…』と想像していると、悠久の時を超えて、かつての賑やかな様相が蘇ってくる気がします。

 

 

DSC02162

 

 

nakanoi2

 

nakanoi3

 

nakanoi4

 

nakanoi5

かつての賑やかな様相。(ジュラ紀)

 

僕としたことが、ちょっぴりセンチメンタルになってしまいましたね。

 

 

 

 

それでは最後に、中の井の基本情報です。

名前 中の井(ナカヌカー)
タイプ 史跡/公園
住所 沖縄県島尻郡南風原町字喜屋武54番地
電話番号 --
入場料 無料。
定休日 年中無休
営業時間 見学自由
所要時間 10分
駐車場 無し
マップ [map addr="沖縄県島尻郡南風原町字喜屋武54番地" "width="100%" "height="300px"]
トイレの綺麗さ 無し
服装 オールOK。
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度

ぱっと見なんの変哲もない公園なので。

地元民へのオススメ度

昔の生活を想像しながら行ってみると楽しいと思います。

ディープスポット度 ☆☆☆

何も知らなければ、住宅街にあるただの公園です。

接客 --
バリアフリー

特に問題ないかと思われます。

周辺の観光地 照屋の石獅子まで車で5分

おきなわワールドまで車で20分

備考 照屋の石獅子など、周囲に細かい史跡や文化財が多いので、史跡巡りをするならオススメです。

 

尚、この情報は記事作成時(2015年6月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

 

それではまた!

 

 

ジュラ紀の生物 (生物ミステリー(生物ミステリー プロ))

[contentblock id=footerlink] ←考えてみたら、ティラノサウルスってジュラ紀じゃないわ間違えた。

-おきなわSPOT
-, , ,