沖縄NEWS

【沖縄NEWS】イザイホー、今回も中止に

news

 

こんにちは。昆布山葵です。

本日も始まりました『沖縄NEWS COMMENTARY』。

これはサイト管理人である私、昆布山葵が沖縄に関連するニュースに関してコメント・解説を加えていくという趣旨のものです。

 

それでは早速まいりましょう。

本日のニュースは以下の通りです。

 

hr

 

hukidasi イザイホー、今回も中止に

本来なら今年行われる予定であった、久高島にて12年に一度だけ行われる祭祀『イザイホー』が、ノロの不在や神人(かみんちゅ)のなり手の少ないことが原因により、中止されることになりました。

これで、イザイホーは1978年に行われたのを最後に、3回連続で中止されたことになります。

 

内間文義区長によると、イザイホーを中止すると神に伝える行事はすでに行われたとのことで、区長は「残念でならない。12年後では、イザイホーが分かる人がいなくなってしまうかもしれない」と話しています。

 

hr

 

本日取り上げるニュースは、『イザイホー、今回も中止に』です。

 

イザイホーというのは、古くから『神の島』として知られる沖縄県南城市の久高島に伝わる儀式です。

久高島で生まれ育った三十歳以上の既婚女性が神女(神職者)となるための就任儀礼であり、基本的にその条件を満たす全ての女性がこの儀礼を通過することになっています。

 

イザイホーは午年に行われる儀式なので、チャンスは12年に一度。

しかし、近年はその条件を満たす女性がいないということで中止されており、1978年に行われて以来、イザイホーは一度も行われていません。

 

 

51u2wOO9o4L._SS500_

 

イザイホーに参加する条件とは、

・久高島で生まれたこと

・久高島で育ったこと

・久高島出身の男性と結婚していること

・久高島から出たことがないこと

・再婚していないこと

・30歳から41歳までの女性であること

などなど、厳しく決められています。(ただし、最後に行われたイザイホーでは少しだけ条件がゆるく、『久高島から出たことがないこと』などいくつかの条件は免除されたそうです。)

 

 

ただでさえ厳しい条件ですが、そもそもイザイホーの行われる久高島は周囲7kmほどの小さな島で、島内に高校がないので、久高島生まれの殆どの子供たちは中学卒業と同時に島を出てゆき、そのまま島外で就職するものがほとんどなのだそうです。

ゆえに条件を満たす女性、というかもともと島民自体が少ないのですね。

 

 

また、今回のイザイホーが中止になったことは、最後のイザイホーに参加した女性が高齢化していることもあり、次の12年後にはイザイホーの方法を知る人間がいなくなってしまうのではないか、と心配されています。

 

少なくとも600年以上の歴史があるとされる文化が、このまま廃れてしまうのはなんだか残念ですよね…

 

 

ここでふと思ったんですが、今年2014年、何かが中止になるってニュース多いような気がしません?

・イザイホー、今年も中止に

・マクドナルドが中国産チキン販売中止

・韓国でワンピース展が中止

・ヤフー、イーアクセスの子会社化中止

・ポールマッカートニー全日本公演中止

・イモト、悪条件によりエベレスト登頂を中止

・怖いと感じたら会見を中止します

などなど…

 

たまたま僕の印象に残っているだけかもしれませんし、毎年こんなもんなのかもしれませんが、なんだか今年は『○○が中止』というニュースが印象に残るなぁ…と感じました。

 

もしかすると、毎年12月に清水寺にて発表される『今年の漢字』は、こういったニュースから『中』とか『止』になるかもしれませんね。

もしこれ当たったら、誰か僕にご褒美ください。

 

僕へのご褒美として、久高島に移住してみてはいかがでしょうか。

移住した本人は久高島生まれじゃないのでイザイホーには参加できませんが、久高島で子供が生まれたら、その子が30~40年くらい後にイザイホー参加資格を手にするかもしれません。

 

イザイホー見てみたいんで、よろしくお願いします。

 

 

 

日本人の魂の原郷 沖縄久高島 (集英社新書)

新品価格
¥799から
(2014/7/26 18:41時点)

[contentblock id=footerlink]

←とりあえず、久高島の過疎化がなんとかなりますように。

-沖縄NEWS
-, ,