おきなわSPOT

夜の首里城 ~輝け!工事現場!~

 

 

オセロット!昆布山葵です。

本日ご紹介いたしますのは夜の首里城

知ってました?首里城って、夜になったらライトアップされてるんですよ!

 

DSC00222

 

 

首里城がライトアップされているのは日没~24:00まで。

この記事更新日の9月で言うと、沖縄の日没時間はおよそ18:30なので、そこから入館券販売締切である19:30までに入場すればライトアップされている首里城を間近で眺めることができます。

日没時間と入場締切時間は時期によって異なるので注意が必要ですよ!

 

もし入館締切時間に間に合わなくても、ライトアップ自体は基本的に毎日24:00まで行われているので、遠くから眺めることは可能ですが、なんとも切ない感じになります。

 

という訳で今回は、まだ少し明るさの残る18:30に首里城へ向かい、守礼の門→園比屋武御嶽石門→歓会門→瑞泉門→奉神門→首里城正殿の定番コースを撮影してきました!

 

 

 

DSC00225

 

はいまずは守礼の門!時刻は18:36!

この時点ではまだ少し明るいものの、ライトアップが始まっています。

 

17:00頃までは観光客で賑わう守礼の門周辺も、この時間になると結構空いてます。

 

 

 

DSC00227

 

時刻18:38

園比屋武御嶽石門もライトアップされてます!

 

考えてみたら、夜間ライトアップされてる御嶽って珍しいですよね!

でも神様の住んでるところライトアップするって、神様的にはどうなんでしょう。

近所にパチンコ屋が出来たせいで明るくて眠れない!みたいな心境でしょうか。

 

 

 

 

DSC00231

 

時刻18:39

歓会門もライトアップされているのですが、なんだか敵組織の総本山みたいな家構えですよね!

 

囚われた師匠を助け出す為、悪の拳法家のアジトにやってきた。そんな気持ちで歓会門をくぐります。

でも、僕の空手の師匠は、引退して居酒屋を経営しているので本当は無事です。

 

 

DSC00233

 

時刻18:41

なんか、この門と月のコラボレーション、泡盛のCMみたいだなぁ…

なんて思っていたのですが、よくよく考えてみたらこれ、瑞泉門でした。

もしかしたら、泡盛の瑞泉がここで撮影したCMがあったのかもしれません。

 

 

DSC00248

 

時刻18:48

奉神門に到着した頃には完全に日が沈み、辺りは暗闇に包まれていました。

というか、この日の奉神門はちょうど外壁の漆塗り替え作業中だったので、なんとも残念な風貌になっていました。

作業中の足場をライトアップされても工事現場にしか見えない、という発見をしました。

 

 

DSC00256

 

時刻18:50

そしていよいよこちらが首里城本殿のライトアップ姿!

昼間は朱色の目立つ首里城ですが、ライトアップされると白が目立ちますね!

 

昼間は赤いのに、夜になると白っぽくなるものな~んだ!?

答え:首里城(または色落ちしやすいTシャツ)

 

 

 

 

 

それでは最後に夜の首里城の基本情報です。

 

名前 首里城
タイプ 世界遺産
住所 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号 098-886-2020
入場料 大人800円(16歳以上) 小人600円(中学生以下)※本殿を含む有料区域の価格です。無料区域もあります。
定休日

年中無休

※但し、機材点検等の理由で点灯しない日もあります。

営業時間

3月~6月 9:00~18:00(入館締切17:30)

7月~9月 8:30~18:30(入館締切18:00)

10月~11月 9:00~18:00(入館締切17:30)

12月~2月 9:00~17:30(入館締切17:00)

所要時間

1時間

※ライトアップされた区域のみを見学する場合です。

駐車場

小型車310円 大型車940円

※首里杜館地下駐車場を利用する場合です。その他、付近にコインパーキングなどもあります。

アクセス 那覇空港から国道331号線→国道58号線を北向け、泊交差点を右折→県道29号線を直進して首里方面。およそ30分。
トイレの綺麗さ ☆☆☆☆☆
服装 オールOK。
キャッチフレーズ 琉球王国の栄華を物語る真紅の世界遺産
観光客へのオススメ度

☆☆☆☆☆

日中に見学するより人も少ないので、オススメです!

地元民へのオススメ度

☆☆☆☆☆

本殿以外の無料区域もライトアップされているので、是非行ってみてください。

ディープスポット度

☆☆

昼間の首里城とはまた違う一面。

接客

☆☆☆☆

さすがの首里城。

バリアフリー ×
周辺の観光地

玉陵まで徒歩8分

金城町石畳道まで徒歩5分

シーサーの生息数 100体以上。(土産物含む)
備考 漆塗りという性質上、本殿が修復中で全貌が見えない日があります。行く前にご確認ください。

 

尚、この情報は記事作成時(2013年9月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

日が沈む1時間前くらいに有料区域に入れば、首里城本殿を外側から見学して、一時間ほど首里城内を見て回り、外に出た時にはライトアップされた首里城を眺めることができる!というお得な方法もありますね!

 

旅の参考にされてみてはいかがでしょうか!

 

それではまた!

 

 

 

[contentblock id=footerlink]

 

 

-おきなわSPOT