沖縄名物図鑑

沖縄に存在する謎のハンバーガー『ぬーやるバーガー』とは

 

雑誌なんかでたまに『全国のご当地ハンバーガー』みたいな企画ってありますよね。

愛知県なら味噌カツバーガー、北海道ならホタテバーガー、兵庫県なら神戸牛バーガー…

ご当地ハンバーガーの特集には、それぞれの都道府県の特産品を活かした聞くからに美味しそうなハンバーガーたちが並びます。

 

そうしたご当地ハンバーガーの特集にて、よく沖縄代表のご当地ハンバーガーとして扱われる商品があります。

沖縄県民なら一度は耳にしたことのある有名なハンバーガー…その名もぬーやるバーガーです。

 

 

ぬーやるバーガーという名前から、中身が何なのか想像できる方はどこにもいないでしょう。

ハンバーガーは一般的に、照り焼きがバンズに挟まっていればてりやきバーガー、ベーコンとレタスが挟まっていればベーコンレタスバーガーと呼ばれます。

しかしその法則でいくと、ぬーやるバーガーには『ぬーやる』という謎の物体が挟まっていることになってしまいます。

 

 

こちらが『ぬーやる』の想像図です。

お察しの通り、ぬーやるバーガーには幻の地底人ヌーヤルの肉が使われています。

食用にされているのはヌーヤルの頭部分の肉です。どっちが頭かはよく分かりません。

ちなみに頭の部分以外には猛毒があるので、食べたら股間が爆発して死にます。

 

 

…というのはもちろん冗談で、ぬーやるバーガーに幻の地底人ヌーヤルの肉は使われていません。

っていうか、100グラムあたり10万円を超える超高級肉であるヌーヤルの頭肉をハンバーガーに使えるわけないじゃないですか(笑)

 

本当のぬーやるバーガーには、ハンバーグの代わりにポークランチョンミートが使われています。

沖縄県民の間では『ポーク』、他県民には『スパム』と呼ばれることが多いあの豚肉の缶詰ですね。

 

 

バンズを開いてみると、オムレツのようなものが入っているのが確認できます。

しかしただのオムレツではありません。これは沖縄を代表する野菜『ゴーヤー』がたっぷりと包み込まれたオムレツなのです。

 

トータルすると、ぬーやるバーガーの具は、ポーク・ゴーヤー・卵ということになります。

お料理好きの方ならピンときたかもしれません。そう、コレってゴーヤーチャンプルーの具とほぼ一緒なんです。

 

要するに、ぬーやるバーガーは『ゴーヤーチャンプルーをそのままハンバーガーにしてしまったような食べ物』です。

マヨネーズソースとチーズで味付けされているので少し洋風になってはいますが、食べたときの感覚はゴーヤーチャンプルーそっくりです。

 

どうして『ぬーやるバーガー』という名前になったのかというと、これは完全に単なるインパクト重視です。

実は沖縄には『なんてこった!』を意味する『ぬーやるばーがー!』という方言があり、ハンバーガーと語感が似ていることからそのまま名前に採用されました。

ぬーやるバーガーからポークを抜いたバージョンのハンバーガーも売られているのですが、そちらは単純に『ゴーヤーバーガー』という名前で売られています。

いやそっちはインパクトのある名前つけないんかい!ぬーやるばーがー!!(正しい使い方)

 

ちなみに、ぬーやるバーガーの販売元であるハンバーガーチェーン店『Jef(ジェフ)』は、県内4店舗を展開するそこそこの企業でありながら公式サイトが2017年とは思えない仕様になっていて最高です。

 

ぬーやるバーガーは、ゴーヤーが苦手な方にとってはゲテモノのように見えるかもしれません。

しかしコレが本当に美味しいので、未経験の方にはぜひ食べてほしいです。

吉野家の牛丼の美味しさが80点だとしたら、ぬーやるバーガーは68点を叩き出すほど美味しいんです。(個人の感想です)

一切誇張しないリアルな数字は、信頼できる美味しさの証としてお受け取りください。

 

ちなみにうちの妻は、ゴーヤー、ポーク、マヨネーズが苦手という、ぬーやるバーガーと敵対するために生まれてきたのかのようなポテンシャルを持っているのですが、感想を聞きたくてひとくちだけ食べてもらったところ、意外な答えが返ってきました。

 

妻『思ってたより美味しい。ゴーヤーが特に嫌いなんだけど、卵がうまいことゴーヤーの苦さを消してるので食べやすい。』

 

なんと、ゴーヤーが苦手な妻が食べてもそこそこ美味しいというのです。

もしかしたらぬーやるバーガーはゴーヤーが嫌いだという方の克服に役立つかもしれませんね。

人生で一度くらいはゴーヤーを食べないと出られない部屋に閉じ込められる可能性があることを考慮すると、ゴーヤー嫌いな方はぬーやるバーガーを食べて克服しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

ぬーやるバーガーは、沖縄本島内に4店舗を展開しているハンバーガーチェーン店『Jef(ジェフ)』で食べることができます。

2017年現在の価格は単品350円と、オーストラリア旅行に行くより大体10万円くらいお買い得になっています。

沖縄にお立ち寄りの際は、ぜひJefでぬーやるバーガーを食べてみてくださいね!

オーストラリアにお立ち寄りの際はカンガルーバーガーでも食べててください。

 

 

Amazon見たら普通にカンガルー肉売ってた。

-沖縄名物図鑑
-, , , , , , ,