OKINAWAコラム!

【OKINAWAコラム】動物注意看板の場所

okinawakoramu-bar

 

先日、当サイト読者さまより、以下のようなメールが届きました。

 

 

>シーサーイズマモリガミ
 管理人 様

はじめまして、お世話になります。
Tと申します。

2013年7月6日の【沖縄知識】動物注意
の記事について問い合わせなのですが、

教材に使用するため、様々な動物の飛び出し注意の看板について、国土交通省に許可を取っておりまして、上記の記事に使用していらっしゃる看板がどの場所にあるものなの、もし、ご存知であれば教えていただけますでしょうか。(タモリさん以外を 笑)

大変お手数おかけします。
何卒よろしくお願いいたします。

※頂いたメールは、プライベート保護のため一部伏字&簡略化してあります。

 

 

以前、僕が書いた【沖縄知識】動物注意!という記事に関するお問い合わせです。

このメールをいただいて、あらためて記事を読み返してみたところ、たしかに、紹介した動物注意標識の正確な位置が明記されておりませんでした。

 

DSC07851DSC07849

DSC07848DSC07848k

↑これらの標識のことです。

 

…まぁ、あの標識は道路に飛び出してくる動物を守るために設置されたものであって、標識自体を探す人はそういないと思うので問題無いっちゃ問題無いとは思うのですが。

 

しかし世の中には、メールを頂いた(寺生まれではない)Tさんのように『教材に使う』という至極立派な目的で探す人もいますし、『沖縄にしか無い看板ウヒヒ…!』とヨダレを垂らして徘徊する僕みたいな変態もいますので、本日はそういうニッチな目的をお持ちの地球人のために、沖縄本島内の動物注意標識の場所をご紹介しておきますね。

 

僕が知る限り、現在沖縄本島内には6種類の動物注意標識があります。

 

県道2号線 → ヤンバルクイナ
県道18号線 → イボイモリ
県道18号線 → ハナサキガエル
県道18号線 → リュウキュウヤマガメ
国道58号線 → カニ
沖縄自動車道 → リュウキュウイノシシ

 

といった具合です。

探せばもっといろんなとこにあるかもしれませんが、とりあえず僕が見つけた場所は上記の通りです。

 

 

doubututyuuibasyo

Tさんに送ったやつと同じ画像再利用。

 

沖縄本島の動物注意標識は、そのほとんどが北部にあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、沖縄本島北部には山原(やんばる)と呼ばれる自然豊かな山々が広がっており、そこに棲むヤンバルクイナやイボイモリなどの貴重な生き物が道路に飛び出してくる恐れがあるからです。

 

一方、南部には北部に比べて自然が少ないので、(あくまで人間から見て、ですが)貴重な動物が飛び出してくることが少ないんですね。

だから動物注意の看板は北部に集中してるんです。

 

南部でもハブとかマングースとかオジィとかオバァとかは道路に飛び出してきますけどね。オジィとかオバァが一番洒落んならんですけど。

 

余談ですが、僕の職場付近に道路のど真ん中を時速2kmくらいでお散歩するオジィ&オバァが何人もいるんですけど、あれ何なんですかマジで。

勝つ気ですか。自動車と真っ向勝負で打ち勝つつもりですかあの辺のご老人達は。

 

オジィスレスレで急ブレーキする車とか見ててハラハラするんで、もしご家族の方がこの記事を見ていらしたら、注意してあげてください。

『おじいちゃん!もうあなたにはかつての剛力(ちから)は無いのよ!』って注意してあげてください。

 

そしたらオジィが『攻めの消力ッ(シャオリー)…!』とか言うと思うんで、もうそしたらお手上げです。消力使えるなら無問題です。

なんの話だ。

 

 

 

刃牙道 1 (少年チャンピオン・コミックス)

新品価格
¥463から
(2014/6/18 23:51時点)

[contentblock id=footerlink]
←キャオラッ!

 

-OKINAWAコラム!
-, , ,