OKINAWAコラム!

【OKINAWAコラム】服を着たまま海水浴

okinawakoramu-bar

 

沖縄県は海に囲まれています。

海水浴しほうだいの環境です。

面積の狭い沖縄県においては、どんなに山奥に住んでたって車で30分くらい走れば海に出られますので、泳ぎたきゃいつでも好きな時に泳げます。

 

今日はそんな沖縄県での海水浴についてのお話です。

テーマは『沖縄県民が泳ぐ時の格好』。

 

 

DSC04807

泳いでいる人、服着たまま。

 

沖縄のビーチで、ビキニみたいな水着っぽい水着を着て泳ぐ地元民はほとんどいません。

男性は海パンだけで泳ぐこともありますが、女性はほとんどが水着の上からTシャツ着て、さらに女性用の海パンとかズボンはいたりしてます。

水着だけで泳ぐとしても、ラッシュガードのようにほぼ服って感じの水着が多いんじゃないでしょうか。

基本的には服着たまま泳いでますね。沖縄県民。

 

僕なんかも学生時代は友人とよく海水浴に行きましたが、海で水着きたことないですね。

半袖Tシャツ&半ズボンという普段着のまま自転車で海に繰り出し、半袖Tシャツ&半ズボンという普段着のまま海に突入してました。

これは僕だけじゃなく、友人もみんなそうでしたし、同じく海に遊びに来た他校の生徒も普段着のまま泳いでました。

 

だから不良同士の、

『お゛ぉ゛!?てめぇドコ中だコラ?』

『あぁ?んでテメェに言わなきゃなんねんだオイ!』

『んだヤンのかコラ!』

『アァラァ!ッテんのかラァ!』

『ッテンヤラァ!』

『ラッシャァイタマェッカテメェ!!』

『オォ!!タケッシグンダッダオレァ!!!』

みたいな、独自の言語によって行われるナワバリ争いが、普段着のまま海中で行われたのも見たことがあります。

エキサイティングでしたねアレは。

 

 

 

DSC05845

 

 

っと、話がそれてしまいました。

さて、沖縄県民が服を着たまま泳ぐ理由に関してですが、一番多い理由は、『なんか恥ずかしいから』です。

だって周りみんな服着て泳いでるんですよ。

みんな服着てる中で一人だけビキニ着る勇気たるや、街中で自分だけ下着姿になるが如しですよ。

 

 

あと、実用的な理由として、『日焼けしすぎないため』というのがあります。

ただでさえ日差しが殺人的に強い沖縄では、水着だけで長時間海水浴すると、皮膚が太陽光に焼かれて火傷する恐れがあるのです。

少しでも紫外線が皮膚に直撃する範囲を狭めるために、Tシャツで泳ぐというのは理にかなっているわけです。

 

 

もう一つの実用的な理由として、『ハブクラゲ対策』というのもありますね。

沖縄の海には危険な生物がしこたま生息していますが、なかでも遭遇率&危険度が共にトップクラスなのがハブクラゲ。

ハブクラゲに刺されると激痛が走る(最悪死ぬ)のですが、ラッシュガードや服(できれば長袖長ズボン)を着ていれば、ハブクラゲの触手をある程度防ぐことができるそうなので、ちょっとだけ安全性が増します。

沖縄の海で服を着たまま泳ぐことは、海に潜む凶悪なモンスターから身を守る行為でもあるわけですね。

 

 

DSC04149

 

 

 

今日は沖縄県民が服を着たまま海水浴に興じる理由やメリットなどをお話してきたわけですが、服を着たまま泳ぐという行為は、泳ぎにくくなって溺れる危険があるということも頭に入れておきましょう。

 

なんとなく恥ずかしいから、という理由に関して最近は、『若いうちにしか着れないんだから!』という理由でビキニを着ている沖縄県民も、中にはいるようですけどね。

僕もこの夏、思い切って着てみようかな。ビキニ。

25歳男性、開放的な夏へ。

 

 

 

 

 

FIELDOOR 【水着素材】 ラッシュガードパーカー フリーサイズ 【ブラック×ピンク】 (長袖/ラッシュガード/フィットネス/水着/紫外線対策/速乾性/UVカット/ダブルジップ)

新品価格
¥1,950から
(2014/8/19 08:14時点)

[contentblock id=footerlink]

←観光客の方でも、沖縄で泳ぐならこうゆうの持ってった方がいいかも。スポーツショップとかに売ってます。

 

 

-OKINAWAコラム!
-, , , , ,