OKINAWAコラム!

【OKINAWAコラム】ハブのいる島、いない島

okinawakoramu-bar

 

沖縄に生息する猛毒のヘビ。その名もハブ

沖縄にお住まいの方なら、一度は噛まれたこと、ありますよね?

ごめんそれは言いすぎた。

 

沖縄県内どこにでもウジャウジャ生息してるイメージのあるハブですが、実は沖縄県の島全てにハブが生息しているわけではないんです。

 

ハブがいる島は、沖縄本島、渡嘉敷島、伊計島、浜比嘉島、平安座島、古宇利島、屋我地島、瀬底島、水納島、伊江島、野甫島、渡名喜島、伊是名島、伊平屋島、久米島、渡名喜島、石垣島、竹富島、西表島、新城島、黒島、小浜島、内離島など。

 

そしてハブがいない島は宮古島、津堅島、久高島、奥武島、粟国島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、南大東島、北大東島、伊良部島、下地島、大神島、池間島、多良間島、水納島(宮古諸島)、来間島、鳩島、由布島、与那国島、波照間島などです。

 

ハブがいる島といない島はほぼ半々くらいで分かれているんです。

沖縄県ならどこにだってハブがいると思ってませんでしたか?

例えば火の中水の中草の中森の中土の中雲の中あの子のスカートの中etc…と、どこにでもハブが潜んでいると思われがちですが、実際はそんなことないんです。

 

 

 

では、なぜこのようにハブのいる島といない島に分かれたのか、という疑問には、以下のような説が有力とされています。

 

 

1.はるか昔、沖縄の島々は陸続きで、そこら中にハブが生息していた。

haburiyu

 

 

2.ある時、海面が上昇して標高の低い島が沈み、そこに住んでいたハブも死に絶えた。しかし、沈まなかった島のハブは生き延びることができた。

haburiyu2

 

 

3.その後、少し海面が下がり、いくつかの島は再び海上に姿を現したが、生き残ったハブも島間の海を渡ることができなかった為、当時沈んだ島には現在でもハブが生息していない。

haburiyu3

 

 

ということで、海面が上昇しても沈まなかった島(≒標高の高い山のある島)にはハブがいて、海面上昇によって沈んだ島には基本的にハブがいないということなんですね。

ただ、竹富島など、比較的平坦で低い島にもハブが生息している例があり、そういった場所には人為的にハブが持ち込まれた経緯等、別の理由がありそうです。

 

 

 


→この商品のレビューをアプリで見る
こちらも水に弱いタイプのハブ。

-OKINAWAコラム!
-, ,