沖縄名物図鑑

お麩で作ったラスク『沖縄美らすく』の圧倒的お麩感について

とある料理番組で、お麩を使ったハンバーグのレシピが紹介されていました。

お麩が肉汁を吸ってくれるので、普通のハンバーグよりジューシーで冷めても美味しいハンバーグになるとのこと。

そのレシピ自体は『なるほど、今度やってみよう』と思えるような素晴らしいものだったんですが、完成直後のナレーションに僕は衝撃を受けました。

『一般的にはお味噌汁に入れるくらいしか使い道が無いお麩が、こんなにジューシーなハンバーグに大変身!』ってナレーションが入ったんですよ。

 

は?お麩って一般的にはお味噌汁に入れるくらいしか使い道ないの?

 

少なくとも、沖縄県民はメッチャお麩を喰います。

お麩は肉とか魚とかと張れるメイン食材と言っても過言ではありません。

かくゆう僕も、人生最後の食事はお麩で構わないとすら思っています。

お麩だけに。人生最後ということでその、人生をオフにする、みたいなアレで。

お麩とオフをかけてるわけですね、その、スイッチOFFの、えっと、ごめんなさいやっぱいいです。

上手いこと言おうとしましたが言えませんでした。やっぱり人生最後はカレーにします。

 

ともかく、それくらい沖縄県民はお麩が好きなんですよ。

沖縄の郷土料理といえば『ゴーヤーチャンプルー』を思い浮かべる方も多いかと思いますが、県内でゴーヤーチャンプルーと双璧を成しているのが『フーチャンプルー』、つまりお麩のチャンプルーなのです。

いやコレはマジで。

これが沖縄で一般的に食べられているお麩、その名も『車麩(くるまふ)』です。

写真ではサイズ感が伝わりにくいかと思いますが、そりゃもうデカいのが特徴です。

三本パックで売られていると、六法全書くらいのサイズ感になります。

こんなもんお味噌汁に入れたら、お味噌汁が吸水スポンジのCMのごとく消滅します。

いや、割って水戻ししてから入れりゃ大丈夫ですけど。

沖縄では、お味噌汁というよりは炒め物の具材として車麩が使われているのです。

 

車麩は沖縄県民にとってソウルフードのひとつ。

車麩の無い沖縄料理なんて、回転しない寿司みたいなもんだ。

 

 

そんな沖縄県民の車麩への愛が暴発、もとい爆発したのがこちらのお菓子。

商品名は『沖縄美らすく』です。美ら海水族館の売店で購入しました。

 

最近『カステラで作ったラスク』だとか『チーズケーキで作ったラスク』なんて変わり種のラスクが流行ってますね。

沖縄美らすくも変わり種ラスクの一種で、なんと車麩で作ったラスクだそうなんです。

カステラとかチーズケーキは元々スイーツなんで分かりますけど、車麩て。

これにはさすがの沖縄県民も困惑です。

即買いしましたけど。

 

 

 

中身はこんな感じ。

見た目があまりにも車麩のまますぎて、ちょっと引きました。

いや、だって車麩って3本入りで400円しないからさ。

沖縄美らすく、600円ちょいしたからさ…

 

味は『沖縄ソルト』『きび糖』『パイナップル』の3種。

テイストも沖縄の食材で揃えてきてるみたいですね。チョコレートとかかければいいのに

 

ちなみに沖縄美らすく、東京・代々木上原の人気スイーツ店『ASTERISQUE(アステリスク)』のオーナーで、ワールドショコラマスターズ日本代表総合3位の実績を誇る和泉光一さんが全面監修しているのだそうです。

箱を開けた瞬間は正直、『スーパーで車麩買ってきて砂糖かけて食ったほうがコスパ良かったかな…?』という考えが頭をよぎりましたが、大人気スイーツ店のオーナーが手掛けた商品だというなら話は別です。

これは期待が高まってきました。

 

 

袋から取り出してみると、重さや触感は完全な車麩です。

しかし表面にうっすらと砂糖がまぶしてあるのが分かります。

この砂糖部分が相当美味くないと車麩感が消しきれないような気がするのですが…

いや、人気店のオーナーを信じよう。

権力と実績に弱いんだ僕は。

 

では…いざ実食…!!

 

サクッ…

 

 

 

…サク…サク…

 

…サク…

 

…サク

 

…うん

 

 

お麩でした。

もうね、まごうこと無きお麩。

お麩にね、砂糖かけたらこんな味になると思う。

いやいや、マズイなんてことは一切ないんだよ。むしろ美味い。

でも、その美味さはスイーツのそれではないんだ。お麩本来の美味さに過ぎないんだよ。

かつてこれほどまでに素材本来の味を活かしたスイーツがあっただろうか。

いや、素材本来の味が活きすぎてるのが問題なんだ。

板長が『活きの良い真鯛が入ってますよ!』っていうから注文したら、水槽から受け皿へダイレクトに真鯛を乗せられた感じ。

いや待って、せめて捌いてよ、活きてるっていうか生きてるじゃん。みたいな気分。

表面の砂糖もなんか、板長に『ごめんなさい、調理してから出してもらえます…?』って聞いたら、『ヘイお待ち!』っつって生きた真鯛に醤油だけぶっかけられたような。

うん、違うんだ。味付けの問題じゃなくて、本体がビチビチ跳ねてるから。もうちょっと頑張ってくださいお願いします。

 

そんな感じの味でした。

ラスクっていうか、焼き麩だこれは。

 

 

 

 

完全に余談ですが、沖縄美らすくの穴にはちょうど魔人ブウの頭が一個ぶん入ります。

魔人ブウの頭の置き場所に困っているかたにはおすすめの商品です。

 
ご自宅で車麩に砂糖ぶっかけて食べる方のためのリンク。

-沖縄名物図鑑
-, , , ,