おきなわSPOT

福州園 ~首里城に似た何か~

那覇市には巨大な中国式の庭園があります。

それが今回ご紹介する福州園(ふくしゅうえん)。

 

 

CIMG1099

 

荘厳な入り口。

大きな門の両端に置かれた置物はシーサーではなく、シーサーの原型となった中国の”石獅”です。

まぁシーサーのイトコみたいなもんですね。石獅は狛犬の原型でもあります。

 

門をくぐるとチケット売り場のようなカウンターがあり、管理人さんが座っています。

料金かかるのか…?下調べせずに来てしまった僕はうろたえることになります。

 

というのも、実はこの日、一円も持ってなかったんですよ。(この記事と同じ日

『無料で入れるのか…?それとも入場料がかかるのか…?ええい!南無三!入って砕けろ!!』

という一か八かスタイルで突入してみたのですが無料で入れました。

 

調べてみると、2016年4月までは無料だったらしいです。

現在は大人200円、子供100円になったそうです。

おぉう、セーフ。無一文で突入できるのは先月までだったか。(僕が行ったのは3月でした)

恥かくとこだったぜ。

 

 

CIMG1103

 

無料に気をよくした僕。意気揚々と門をくぐると、すぐにまた別の門が出現しました。

中国式庭園ということで、日本ではあまり目にしないタイプの門がまえですね。

特に屋根の形が独特。なんかお尻みたいな形。

 

 

CIMG1134

 

お尻の門を抜けてしばらく進むと、美しい庭園が見えてきました。

大きな池、美しい花々、力強い木々、カラカサお化けみたいな形の建物…

どれも日本とは思えないような、異国感あふれる景色です。

 

ここで改めて説明しておきますと、福州園とは那覇市久米にあります中国式庭園です。

那覇市の市制70周年および、福州市との友好都市締結10周年の記念事業して1992年9月に開園されました。

 

実はここ那覇市の久米地区には、琉球王国時代に久米村という村がありました。

久米村は福州市から移住してきた中国人たちが住んでいた村で、現在でも沖縄県には彼らの子孫の一族がいます。

そんなこんなで、沖縄県と福州市は琉球王国時代から関わりが深いとされているわけです。

現在沖縄で作られている焼き物や、伝統的な建築方法など、多くの事がこの頃の中国人によって伝えられたと言われています。

 

CIMG1155

 

琉球の文化は中国から伝わった…と言われて見てみると、庭園内の建物の造りは首里城に似ているような気がしますよね。

さっきはお尻みたいな形とか言ってスイマセンでした。

 

 

syurihukuhikaku

 

せっかくなんで比較図も作ってみました。

左が首里城、右が福州園内の建物です。

色合いとか、形とか、龍の像を多く配置する感じとか、似通っている部分が多い気がしますね。

 

 

CIMG1172

 

福州園は、設計から施工まですべて福州市の職人の手によって造られており、石材をはじめとする資材もそのほとんどが、実際に福州市から取り寄せたもので造られています。

ゆえにその再現度は完璧。本当に中国に来たような気分になってしまいます。

もしかしたら、本当に中国に来たような錯覚に陥ってる人が居るかもしれないな?と思い、試しに福州園を訪れていた方にお話を聞いてみたところ、

 

僕『すいません、ここ、どこだと思いますか?』

観光客『Sorry…I don't speak Japanese.』

 

との答えが返ってきました。

僕は英語しゃべれないのでわかりませんが、たぶん直訳すると『まるで本当に中国に来たみたいだよ!!』的な意味だと思います。

とりあえず、『そんなことより写真撮ってくれ』って言ってるのは伝わったので撮ってあげました。

 

CIMG1132

 

他にもチマチマした見どころの多い福州園ですが、あとは是非ご自分の目で確かめてみてください!

現在は入場料がかかるようになってしまったとのことですが、その代わりモニター設備などを導入して、より見学しやすい施設にパワーアップしているとのことでした。

興味のある方は是非行ってみてくださいね!

 

 

 

それでは最後に、福州園の基本情報です。

名前 福州園(ふくしゅうえん)
タイプ 風景/庭園
住所 沖縄県那覇市久米2−29
電話番号 098-951-3239
入場料 大人 200円

子供 100円

大人(団体) 160円

子供(団体) 80円

定休日 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は開園、翌木曜日に振り替え)
営業時間 9:00 ~ 18:00(入場締め切り17:30)
所要時間 30分
駐車場 無料。12台。
マップ [map addr="沖縄県那覇市久米2−29" "width="100%" "height="300px"]
トイレの綺麗さ ☆☆☆
服装 歩きやすい恰好がよい。
キャッチフレーズ --
観光客へのオススメ度 ☆☆☆

沖縄に居るのに中国感を味わいたい方にオススメ。

地元民へのオススメ度 ☆☆☆

散歩するのに良いかんじ。

ディープスポット度

有名だし街中にあるので見つけやすいよ!

接客 --
バリアフリー

ところどころ入れないところもありますが、バリアフリー対応とのことでした。

周辺の観光地 雪の﨑跡まで車で10分

波の上ビーチまで車で10分

備考 料金など詳しい情報はお電話でお確かめください。

 

尚、この情報は記事作成時(2016年5月)時点のものであり、現在の情報と異なる場合がありますのでご注意くださいませ。評価に関しても管理人・昆布山葵の独断ですからあくまで参考までに!

 

 

それではまた!

 

■この記事に関連するかもしれない記事はこの3つだぜ!

雪の崎跡 ~沖縄なのに雪?~

3年間だけ存在した幻の村”みなと村”

落平 (ウティンダ) ~iphooooooone!~

 

■本日のオススメ記事はこの3つだぜ!

【更新情報】雑誌『POPEYE』に取材協力したと言い張る話とTwitterを始めた話。

南国フルーツ ~出動!ウルトラ大怪獣~

【沖縄NEWS】イザイホー、今回も中止に

 

■この記事に関連する商品への外部リンクだぜ!

[contentblock id=footerlink]

-おきなわSPOT
-, , , ,