沖縄名物図鑑

ゴーヤーチャンプルー風味スナックは本物を超えるか

CIMG1442

 

とあるお土産屋さんにゴーヤーチャンプルー風味スナックなるものが販売されていたので買ってきました。

ゴーヤー風味…ではなくゴーヤーチャンプルー風味というのが複雑ですよね。

ゴーヤーの味だけでなく、ゴーヤーチャンプルーの島豆腐の風味や、豚肉の風味などもくまなく再現しているということでしょうか。

 

CIMG1443

 

袋から出してみました。

見た感じ、サッポロポテトとかに近いスナック菓子ですね。

匂いは普通のスナック菓子といった感じで、特にゴーヤーチャンプルーの匂いもしません。

 

 

CIMG1450

 

ゴーヤーチャンプルーと並べてみました。

うーん。人類史上最高の贔屓目に言って、並べると見分けがつきませんね。

どっちが本物のゴーヤーチャンプルーなのかは、実食してみないと区別できないかもしれません。

 

CIMG1448

 

それでは、まず普通のゴーヤーチャンプルーから食べてみます。

 

もぐ…もぐ…

じゅわぁぁぁあぁぁ…!

こ、これは…!!

口に入れた瞬間に広がる出汁の風味…!

しっかりとしたゴーヤーの苦み…それでいて青臭くない…!

豚肉の代わりに安価なスパム缶を使用したにも関わらず、それが逆にB級グルメ感を高めている…!

島豆腐もどっしりとした食べごたえを演出し、かつ健康的な旨味を引き出す…!

そして一見バラバラの食材をまとめる卵の存在…!

全ての食材が混然一体となり、他の食材の入る隙の無い完全な料理を生み出している…!

素晴らしい!なんと完成された料理なのだ!!

このように優れた料理が古来より伝承されてきたという事実も驚嘆に値するが、何より驚きなのはこの料理を寸分の違いなく作り上げた料理人の存在…!

一体だれがこのような素晴らしい料理を…!?

シェフは一体どこの誰なのだ…!?今すぐにでもミシュラン三ツ星の店で料理長を務めるべき才能の持ち主は…!?

 

というくらい美味しいです。ゴーヤーチャンプルー。

ちなみに作ったのは僕です。

 

CIMG1443

 

お次はゴーヤーチャンプルー風味スナックを食べてみましょう。

果たしてそのお味は…!?

 

サクッ…

…ん?なんか…サッポロポテト…よりは美味し…くないけど…

けして不味くなく…どちらかと言えば美味しい…けど…

どこにゴーヤーチャンプルーの風味が…?

あっ、後味がちょっとだけ苦っ。

 

そんな感じでした。

ゴーヤーチャンプルーの風味はするっちゃするけど、しない。

ちょっとだけ苦いスナック菓子といった感じでした。

 

 

 

まぁ僕という超天才料理人が作った世界最高峰のゴーヤーチャンプルーと比べてしまったのが酷というものですね。

さすがに本物のゴーヤーチャンプルーそっくりの味というわけではありませんが、普通にゴーヤーチャンプルーを食べた時の美味しさを超えることは無いかもしれませんが、ゴーヤーチャンプルー初心者の方は入門編としてこのスナックを食べてみるといいかもしれません。

 

 

 

■この記事に関連するかもしれない記事はこの3つだぜ!
<沖縄菓子>久米島元祖みそクッキー
ピーナツ糖
【沖縄名物図鑑】スッパイマン

■本日のオススメ記事はこの3つだぜ!
沖縄県のアイス消費量が少ないというお話
道の駅おおぎみ ~エルサルバドル人もびっくり~
スパイスライフ ~甦れ!お願いだから!~

■この記事に関連する商品への外部リンクだぜ!

[contentblock id=footerlink]

-沖縄名物図鑑
-, , ,