OKINAWAコラム!

星砂の正体とは!?

717hxbihpPL._SL1280_

星砂っておっとっとに見えません?

美味しそうですよね。ひとつくらい食べちゃおうかって気になりますよね。

でも食べちゃダメなんですよ。食べられません。

何とかして食べる方法は無いのか考察してみようか…

おっとっと、一行目から脱線しちゃったぜ。

 

というわけで本日は、沖縄土産としても有名な星砂についてのお話です。

 

みなさんは星砂の正体ってご存知ですか?ただの砂じゃないんですよ。

実は星砂は有孔虫の死骸なんです。

 

Benthic_foraminiferas

生きている状態の星砂。

 

有孔虫は世界中の海に生息している原始的な生物です。

体を覆う殻には目に見えないほどの小さな穴が開いていることから有孔虫と呼ばれています。

この穴から仮足と呼ばれる触手のような細胞を伸ばし、捕らえたプランクトンを食べて生きています。

 

有孔虫は現生・化石合わせて25万種が知られていますが、沖縄近海には”ホシズナ”という種類の有孔虫が生息しています。

そう、これが星砂の素になる有孔虫です。

ホシズナが死ぬと、その死骸が沖縄の砂浜に流れつき、星砂になるわけです。

 

DSC04810

 

『えー?星砂って虫の死骸なのー?きもーい』と思ってしまう方もいるかもしれませんが、それ言い出したら沖縄の砂浜って全部ウンコですからね。

前にもこの記事で説明しましたが、沖縄の砂浜が白いのは、ブダイという魚がエサと一緒に飲み込んだサンゴの欠片をフンと一緒に排出したものが堆積しているからなんですよ。

ロマンチックの欠片も無いぜ。

 

ちなみにホシズナの表面に空いた穴を電子顕微鏡で見てみると、ちょっとトラウマになるくらい気持ち悪かったりするのですが、あえて画像は載せないでおきます。興味のある方はWikipediaなどで確認してみてください。

 

 

 

■この記事に関連するかもしれない記事はこの3つだぜ!
豊崎美らSUNビーチ ~バチバチ~
残波ビーチ ~残波大獅子、ガン見~
【OKINAWAコラム】海の砂が白い理由

■本日のオススメ記事はこの3つだぜ!
沖縄県に雪が降った
金城町の石畳道 ~神龍的なおじさん~
古宇利大橋 ~飛び込み厳禁~

■この記事に関連する商品への外部リンクだぜ!


[contentblock id=footerlink]

-OKINAWAコラム!
-, ,