OKINAWAコラム!

琉球最初の王は源氏!?

沖縄は昔、琉球王国という一つの国でした。

記録上最も古い琉球国王は1187年~1237年の間、国王として琉球王国を治めた舜天(しゅんてん)という人物です。

舜天は謎多き人物なのですが、『中山世鑑』『おもろさうし』『鎮西琉球記』『椿説弓張月』といった複数の琉球の歴史的書物に、舜天は源為朝の子であると記述されていることでしられています。

 

800px-Minamoto_Tametomo

源為朝。

 

源為朝は平安時代の武将で、弓の名手として知られた人物です。

兄の源義朝は、鎌倉幕府を開いた源頼朝と源義経(牛若丸)の祖父にあたる人物。

日本の歴史を大きく動かした源氏の一族です。

 

源為朝は保元の乱で敗北し、日本を追われて琉球に流れ着いたとされています。

そして琉球でもうけた子が、後に琉球王国初代国王と成る舜天だったのです。

 

舜天より前に琉球を治めていた天孫子(てんそんし)という王族もいたのですが、天孫子は大地を創造した神様アマミキヨの子孫の一族とされており、神話の域を出ないため実在自体が怪しいと考えられていることから、一般的に琉球最初の王は舜天とされます。

 

a1320_000246

今回の記事は話が難しめなので、可愛いワンちゃんでも見てなごんで下さい。

 

源為朝が琉球国王だという話は、日琉同祖論という考え方の根拠として語られます。

日琉同祖論とは、日本と琉球は同じ民族が住む国である、という考え方のことです。

 

琉球諸島に人が住み始めたのは縄文時代後期ですが、10世紀ごろには農耕をする人々が九州から多く移住してきており、現在の沖縄県民の祖先の多くはこの九州からの移住者である可能性が高いと考えられています。

 

日本と琉球は同じ民族が住む国で、その国王は日本の武将(源為朝)なので、琉球は日本の属国である…ということで、琉球は1879年に廃藩置県で日本に統合されました。

日琉同祖論は薩摩が琉球侵攻を正当化するためにでっちあげられた話ではないか?と言われることもありましたが、最新の遺伝子研究の結果では九州の人々と沖縄の人々が東アジアの人々とは違った遺伝子構成をもつ同じ祖先を持つことが分かっており、正しい説であることが立証されようとしています。

 

 

a0001_008741

話が難しいので、可愛いペンちゃんでも見てなごんで下さい。

 

ただ、舜天が源為朝の子であったという説には未だ確たる証拠も見つかっておらず、あくまで伝説にすぎないという意見もあります。

あくまで日琉同祖論が正しいとする理由づけのために考えられた話なのでは?とも言われていますが、真相は明らかになっていません。

どうせ理由づけのためにでっちあげられた話なら、もっと有名な人の名前使ってもいいんじゃないの?って気もしますけどね。

源為朝も有名っちゃ有名ですけど、聖徳太子とか卑弥呼とかの名前使った方がインパクト強いですよね。

そこへ源為朝という絶妙なバランスの偉人をもってくるあたり、ウソだとしたら巧妙です。

 

ちなみに沖縄本島北部には『運天港』という場所があるのですが、ここは源為朝が『運を天に任せて漂流して流れ着いた港』だから運天港と呼ばれるようになったと言われており、運天港には源為朝上陸記念碑も建っています。

これ、地元の人が勝手に建てた記念碑ってわけでもなく、東郷平八郎が文字を書いたというなかなか貴重な代物。

今度写真撮ってくるんで、その時に改めてご紹介しますね!僕が住む那覇市から運天港までは吐くほど遠いので、面倒くさすぎていつ行くかわかりませんけど。

 

 

a0002_010609もう小難しい話は終わりなので、可愛くないおっちゃんの写真でも見てなごんで下さい。

 

 

 
■この記事に関連するかもしれない記事はこの3つだぜ!
仲泊遺跡 ~琉球の歴史、ごっそり~
ペリー提督上陸記念碑 ~沖縄にも来てたんやで~
首里城 ~そこらじゅう貴重~

■本日のオススメ記事はこの3つだぜ!
園比屋武御獄石門 ~本体は後ろだッ~
【トラブルシューティング】犬と一緒でも入れる沖縄の観光地!
仲島の大石 ~夏だぜ~

■この記事に関連する商品への外部リンクだぜ!

[contentblock id=footerlink]

-OKINAWAコラム!
-, , ,