週刊S&A

【不定期更新S&A】第二十五回『くるくまから見える岩の名前』など

searchandanswer-bar

 

オセロット!昆布山葵です。 始まりました!不定期更新S&Aのコーナー!

このコーナーは、当サイトへのアクセスを解析し、皆様がどのような検索ワードでこのサイトに辿り着いたのかを分析、さらにそのワードについてより詳しく解説してゆくコーナーでございます。

 

近頃、当サイトへのアクセスが急増しております。誠にありがとうございます!

でも相変わらず、『ハンター×ハンター』とか『アイドルマスター』とか、当サイトと全然関係ないワードで検索に引っかかるみたいです。

なんかごめんなさい。

 

それでは本日のS&A、スタートです!

 

hr

S. くるくまから見える岩の名前

 

A.くるくまから見える岩ってのはたぶんこの辺から見える岩ですよね。

 

DSC08537

 

写真じゃわかりにくいんですが、カフェくるくまからは、多くの岩礁や小さな島が見えます。

中には名前がついている岩もありますのでご紹介しておきます。

 

 

tamataiwa 写真からだとわかりにくいので地図で解説。

 

まず、上地図にて赤色のシールが貼られているのがカフェくるくまです。

くるくまの丘から見える岩らしきものは大きく分けて5つあります。

 

地図の左下にある青色のシールが、アージ島

この島の周辺はなぜか男性×男性のカップルが集まる秘密スポットだなんて言われたりしてます。

それが嘘か誠か断言はできませんが、僕はここで釣りしてたらネットリ(意訳してください)とサンオイルを塗り合うVパン男性カップルを見かけたり、ムキムキの男性が僕と一緒に釣りしてた友人のあとをつけているのに気づいたことがあります。

 

アージ島の隣、緑色のシールがアドキ島。

アージ島と名前似ててまぎらわしいです。ちなみに僕は干潮の時、釣りでもしようとアドキ島に歩いて渡って、満潮になって帰れなくなったことがあります。

泳げない人はむやみに渡らない方がいいです。僕は泳げませんので数時間待機しました。

 

地図上で一番右にある黄色のシールがコマカ島

無人島ですね。コマカ島は船じゃなきゃ行けません。

ちなみに僕は、コマカ島で釣りがしたかったのに、船代の2500円が無かったので近くまで行って諦めた経験があります。(そしてアドキ島で遭難しました。)

 

最後に、くるくまのちょうど正面にある、茶色と紫の間みたいな気持ち悪い色のシールがタマタ岩です。

ちなみにタマタ岩は、沖縄県の公式サイトの『島しょ別面積』という欄に『タマタ島』として登録されているので、小さいけど島扱いみたいです。

この岩の周りはカヤックに乗って釣りを楽しむ人がいたりします。僕もカヤックでの釣りを楽しみたかったのですがお金が(中略)仕方なくアドキ島で(以下略)

 

さらに、地図では省略しましたが、くるくまからは久高島も見えます。

僕が超オススメする沖縄の絶景スポットの一つなので、是非行ってみてください。

 

hr

S. 沖縄 方言使わない

 

A.例えば沖縄の人に、県外からの観光客が『ハイサイ!元気ね~?』なんて言うと、

『ハッサビヨー!うちなーんちゅはそんなに方言ばっかり使わないよ~!アンタどこんちゅねぇ?』

と、まさかの方言で抗議してくるオバちゃんがいたりします。(実話)

 

でも沖縄の人は(というか全国どこでもそうだと思いますが)地元から離れない限り、自分が方言を使いまくっていることを自覚していません。

ただ、『ハイサイ!』や『めんそーれー!』をあまり使わないのは事実で、沖縄県民が本当に使う方言と、有名だけどほとんど使わない方言があるのは事実です。

これに関しては以前の記事にまとめましたので詳しくはその記事をご覧下さい。

 

↓これ

【OKINAWAコラム】本当に使われる方言

 

hr

S. シーサーが壊れたらどうするの?

 

A.捨ててください

日本人形とかみたいに捨てる前に供養したりとか、そうゆうのは大丈夫です。

もしもそのシーサーがアナタの家に数百年前から伝わる家宝だったりするなら、一応供養したほうがいいというかむしろ博物館に寄贈したほうがいいかと思いますが、お土産屋さんで買ったシーサーくらいなら気にする必要は無いかと思います。

ガンプラ捨てるくらいのテンションで捨てましょう。シーサーは処分方法くらいで祟ってくるタイプの置物ではありません。いいやつです。

 

細かく砕いて各自治体の規則に従って捨ててください。

燃えないゴミor危険ゴミだと思います。

 

hr

 

 

本日は以上でございます。

今回は割とまともな情報をお届けできた気がします。

 

ちなみに、沖縄について知りたいことがある方は、当サイトメールフォームより直接ご質問いただければ、気が向いたらご質問に答える時がたまにありますよ!(たぶん)

答えないときもあります。ご了承ください。

 

というわけでS&Aのコーナーでした!

また次回お会いしましょう!

それではまた!

 

 

沖縄の島へ全部行ってみたサー (朝日文庫)

新品価格 ¥950から (2015/2/6 23:49時点)

[contentblock id=footerlink] ←コマカ島などの無人島が含まれるかは不明。

 

-週刊S&A
-, , , ,