沖縄名物図鑑

タコは入っていない!沖縄の郷土料理・タコライスとは

沖縄には『タコライス』という料理があります。
1984年に金武町で生まれ、今や沖縄を代表するソウルフードにまで成長した人気メニューです。

タコライスを食べずに沖縄料理を語ることはできません。
いや、言い過ぎました。出来ないなんてことはありません。やろうと思えば何だってできます。
もっと自分を信じてください。

 

こちらがタコライスです。
もしかすると皆さんのなかには『あれ?タコ入ってないじゃん』と思った方もいるかもしれませんね。

そうなんです。タコライスにはタコが入っていません。
初めてタコライスという名前を聞いた方の中には『タコとご飯を炊きこんだもの』だと勘違いする方もいらっしゃいますが、それは全く違います。
っていうかタコとご飯を炊きこんだものは『たこ飯』です。目を覚ましてください。

実はタコライスの『タコ』とは、メキシコ料理の『タコス』からとったものなのです。
タコスはトルティーヤにスパイスで味付けした挽き肉などを挟んで食べる料理ですが、タコライスはその具をそのままご飯の上に乗せた料理です。
挽き肉だけが乗っているパターンもありますが、一般的にはレタス・トマト・チーズ・チリソースなどの具も一緒に盛られます。

沖縄には数多くの郷土料理がありますが、タコライスが一番好きって方も多いんじゃないでしょうか。
かくゆう僕もタコライスが大好きで、朝・昼・晩とタコライスが続いてもちょっとしか文句を言いません。
よく『沖縄はメシが不味い』なんて言われちゃいますが、そんな沖縄料理嫌いの方でもきっとタコライスは食べられるんじゃないでしょうか。ほぼメキシコ料理だし。

 

『来世はタコライスに生まれ変わりたいワン…』とでも言いたげな犬の画像

 

タコライスが生まれたのは沖縄本島中部・金武町にあった『パーラー千里』というお店です。
1984年、パーラー千里のオーナーだった儀保 松三さんは、ある日こんなことを思ったといいます。

『タコスの具、ご飯の上にかけたら食べごたえ抜群じゃね?』

自身の店でそれを『タコライス』と名付けて売り出したところたちまち大ヒット!
もともと金武町はキャンプハンセンという米軍基地がある町で、そこらじゅうに食べ盛りの米軍さんがいたため、ボリュームがあって美味しい洋食が受け入れられやすい文化にあったのです。

残念ながらタコライス発祥の店であるパーラー千里は2015年に閉業してしまいましたが、パーラ―千里のタコライスは『キングタコス』というお店に引き継がれているのでご安心を。
キングタコスは、パーラー千里と同じ経営者一族が運営するタコライスのチェーン店で、キングタコスで提供されているタコライスたるやパーラー千里と全く同じ味という伝説の代物なのです。

お腹が空いたらちょっとティッシュを食べてみるほど食通であるほどのこの僕が、この世で一番美味いタコライスだと自信をもってオススメできるのがキングタコスです。
もしも最高のタコライスが食べてみたいと思ったら、ぜひ僕を連れてキングタコスに行ってみてはいかがでしょうか。おごってください。

 

 

タコライス(10袋入り)

新品価格
¥1,700から
(2017/9/17 00:08時点)

-沖縄名物図鑑
-, ,