沖縄名物図鑑

沖縄お菓子の定番!ちんk…ちんすこうとは?

沖縄県を代表するお菓子といえば、やはりちんすこうでしょう。
ちんすこうは琉球王朝時代から食べられているお菓子で、今では沖縄土産の定番としても知られています。

『ちんすこう』という名前からはどんなお菓子なのか想像しにくいかと思いますが、実はそんなに特殊な食べ物でもありません。
ザックリ言ってしまえば、ちんすこうは棒状のクッキーですね。

 

画像:立派な太さを持つちんすこう。

 

棒状だからといって、そういう意味のちんすこうではありません。
いや、なんですかそういう意味って。セクハラはやめてください訴えますよ。

ちんすこうの『ちん』は、漢字で書くと『珍』となります。
『すこう』には『お菓子』という意味があるので、ちんすこうという名前は要するに『珍しいお菓子』という意味ですね。
今の沖縄県では珍しくもなんともないお菓子ですが、ちんすこうは海外から伝来したお菓子を元に作られたといわれており、当時の琉球人にとっては珍しいお菓子に見えたのでしょう。

だから決してちんすこうは卑猥なアレじゃないんです。
なんですか卑猥なアレって。訴えますよ。

 



画像:怪しく黒光りするちんすこう。

 

ちんすこうの原料はいたってシンプル。
小麦粉・ラード・砂糖の3種類さえあれば作れてしまいます。
沖縄本島は土地が狭いため調達できる食材にも限りがあるのですが、この3種類はいずれも琉球王国時代から特産品だった食材です。
いわばちんすこうは、琉球王国時代に島内で手に入る食材だけを組み合わせて作った地産地消クッキーだったのです。

ただ、ちんすこうは決して庶民のお菓子というわけではありませんでした。
もともとは琉球王朝の王族や貴族が祝いの席で食べるためのお菓子として作られていたため、ほとんどの庶民は見たことも聞いたことも無いお菓子だったはずです。
当時の琉球王国の庶民にちんすこうの話をしても、『ちんすこう?なに?エロい話ですか?訴えますよ』とか言われることでしょう。

 



画像:ちんすこうの色や形にも個性がある。

しかし戦後の沖縄では原料の小麦粉が手に入りやすくなり、特にラード・砂糖は大量生産されたため、ちんすこうも庶民向けの駄菓子として盛んに製造されるようになりました。
子供のおこづかいでも買える安価なお菓子として流通するようになり、現在でも2個入りのパックで30円程度で購入できます。

また、昔ながらのちんすこうだけでなく、アレンジされた味のちんすこうも誕生しています。
代表的なところだけでも、チョコ味・チーズ味・塩味・紅芋味・パイン味など様々です。

あと、修学旅行生に人気のお土産として『ちんこすこう』という商品もあります。
ちんこすこうはもう完全にアレな名前ですが、形も完全に卑猥というクリティカルな逸品となっておりますので気になる方はAmazonの商品ページでも覗いてみてください。
ギリギリ18禁ではないので安心してご覧になれますが、念の為のピュアな少年少女の居ない部屋でご覧ください。

 

ちんこすこうのAmazonページはこちら。

Amazonページは何故かちんこすこうの画像が異常に小さいのが残念なところですが…
どうしたんでしょうか。PTAに怒られでもしたんでしょうか。

-沖縄名物図鑑
-, ,