Ttouble Shooting

【トラブルシューティング】沖縄旅行中に雨が!!

okisyu-bar

 

inicon 今回のテーマ

 夜魔惰 多労さん(前科2犯)からのお悩み

 

yamadatarou

雨でも楽しめる沖縄の観光スポットを教えて欲しい!

せっかく沖縄旅行に来たのに、雨続きでビーチにも絶景スポットにも行けないです。

このままじゃ、ムシャクシャしてつい、何かをやらかしてしまいそう!どうにかしてください!

hr

 

はい。というわけで始まりましたOKINAWA TROUBLE SHOOTINGのお時間です。

これは、全国各地から寄せられた(というていの)沖縄に関するトラブルやお悩みに、僕が(自作自演で)答えてゆく、というコーナーとなっております。

 

さて、第一回目のテーマは雨でも楽しめる沖縄の観光地

沖縄旅行中に雨降ったら最悪ですもんね。楽しさ半減。いや、8割減といっても過言ではないかもしれません。

 

なにせ、沖縄観光の目玉といえば、なんといっても透き通る青い海!晴れ渡る青空!白くてサラサラの砂浜!突然現れた素敵な異性!恋の予感!?That's resort!って感じですもんね。

ところが天気が悪いと状況は一変します。同じ場所でも、濁りきった荒れる海…どんよりと重い空…灰色でべチャベチャの砂浜…突如現れた謎の老婆…嫌な予感…That's horror…みたいになりますもんね。いや、気の持ちようですけどね。

 

雨降っちゃうと海で泳ぐのもなんですし、絶景スポットの景色は濁りますし、トレッキング関係は川の増水だ何だで中止になったり、マリンスポーツやパラセーリングなんかのアクティビティも危険だからってことで営業停止。屋外系テーマパークは傘させば行けるけれども、全身びしょびしょに濡れて楽しくない…みたいな。

雨降った時にどうするか考えてないと、せっかくの旅行が台無しです。

 

というわけで、雨でも楽しめる沖縄の観光スポットTOP10を以下にまとめましたので、全国の雨男および雨女や雨オカマの皆さん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

1位 DSC04615

inicon 海洋博公園

 

海洋博公園内にはいくつもの見所がありますが、美ら海水族館、熱帯ドリームセンター、オキちゃんショー、美ら海プラザ、海洋文化館などの主要な施設はすべて雨でも全く問題なく見学できます。

園内が広いので、移動中には傘が必要ですが、一日200円の乗車料を払えば園内遊覧車を利用できるので、移動中も濡れる心配がなくなります。

 

ここなら、全身をトイレットペーパーでコーディネイトした前衛的なファッションの方でも安心して、雨の日に遊びに行けるかと思います。

2位 DSC07331

inicon おきなわワールド

 

園内の多くの場所が屋外なので、天気が悪ければ移動には傘必須です。

しかし、一番の目玉である玉泉洞は雨が降っていても問題なく見学できますし、人気のエイサーショー会場も専用のテント内での公演になりますので、雨でも大丈夫です。

 

移動中がちょっと心配ですが、雨の日でも用心すれば固形コンソメで出来たリュックサックをお持ちの方でも、スープの品質を保ちつつ楽しめます。

3位 DSC00843

inicon 沖縄県立博物館・美術館

 

有料エリアは全て屋内、さらに駐車場から施設内までの距離もほとんどないので、暴風域にでも入ってない限り安心して見学できます。

 

ここなら、頭上にカントリーマアムを乗せて生活するギネス記録に挑戦中の方でも、カントリーマアムを湿気させずに済みます。でも館内は飲食物持ち込み禁止ですので、ギネス記録は諦めてください。

4位 DSC06614

inicon ナゴパイナップルパーク

 

パイナップルカートに乗って移動する時間は、よほど横殴りの雨でない限り濡れずに済むかと思います。

カートを降りたあとはほぼ屋内なのでゆっくり見学できますが、ここは見学する、というよりお土産屋さんの要素が強いので、ゆっくりショッピングしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ここでゆっくりお買い物をする分には、全身がドライアイスで出来た化物でも雨の日にモクモク煙をあげずに済みそうです。

5位 DSC01814

inicon ブセナ海中展望塔

 

海中展望塔自体は雨でも全く問題ありません。むしろ、雨の日でもゆっくりと海中の生き物を観察することができる、というのがここの強みです。

しかし、駐車場から展望塔まで距離があるので、その間は濡れます。

 

ターバン代わりに吸水性ポリマーを巻きつけたまま旅行中の方は、駐車場から展望塔までの移動が、10倍に膨らむかどうかのポイントになりますね。ガンバ!

6位 DSC09449

inicon 牧志公設市場

 

公設市場内は完全屋内。雨に濡れる心配はありません。

ただし、駐車場が無いので、車でお越しの際は国際通り周辺の駐車場に停めて、そこからしばらく歩く必要があります。悪天候だと、そこで濡れてしまうかもしれません。

 

あと、ここはちょっと客引きが強烈なので、旅行中ずっとトランプタワーを持ち歩いている方にはオススメできません。雨でトランプタワーが崩れる心配はなくとも、客引きに驚いてトランプタワーが崩れるかも知れないからです。

7位 DSC01419

inicon 古宇利オーシャンタワー

 

チケット売り場から出口まで、ほぼ屋根の下で移動できるので濡れる心配はかなり少なくてすみます。

ただし、ここの一番の見所は展望台からの古宇利島の海をのぞむ絶景なのに、天気の悪い日にはその絶景っぷりが霞んでしまいます。

 

先祖代々に伝わる和紙で出来たモアイ像を持ち歩いている方でも、ここならモアイを傷つけずに楽しめます!

8位 DSC00584

inicon 沖縄アウトレットモール あしびなー

 

ショッピング好きな方は、雨の日でもあしびなーに行けば大丈夫!

施設内の歩道は屋根付きなので、傘なしでも楽にウインドウショッピングが楽しめますし、ちょっとしたレストランなどもあるのでお食事場所に悩む必要もなし!

ただ、ショッピングに全く興味の無い方にはオススメできないので、雨の日にオススメするランキングとしては8位どまり。

 

うなじが水濡れ厳禁の精密機械で出来たサイボーグでも、ショッピング好きならここで楽しめますよ!

9位 DSC05487

inicon デポアイランド

 

こちらも8位のあしびなー同様、雨の日でもお買い物好きの方にはオススメです!

また、食事のできる場所はあしびなーよりも多いので、ショッピングが嫌いで仕方無い方でも、美味しいものを探してウロウロすればそれなりに楽しめるかと思います。

僕はショッピング嫌いですが、ここにはよくご飯食べにいきます。

 

ただし、駐車場から屋根のある場所まで少しだけ距離があるので、全裸の方は濡れて風邪をひいちゃうかもしれません!注意です!

10位 DSC05682

inicon 首里城

 

首里城本殿に入ってしまえば、ゆっくり見学できますが、駐車場から本殿までの道のりは徒歩で約10分くらいと、けっこう長い距離になりますので傘必須です。

 

水性ペンで頭を真っ黒に塗ってカツラの代わりにしている人は要注意です!たぶん濡れて落ちてハゲがバレます。

 

 

こんなところでしょうか。

逆に、雨の日にオススメできない沖縄の観光地ランキングは、

1位 ター滝(増水するので命が危ない)

2位 城跡系(当時のままの道が滑りやすいし屋根もない)

3位 ディープスポット系(探せないし濡れる)

となっております。

あくまで僕の独断ですが、参考にしてみてください!

 

 

というわけで、第一回OKINAWA TROUBLE SHOOTINGのお時間でした!

それではまた!

 

 

 

るるぶこどもと行く沖縄'15 (国内シリーズ)

新品価格
¥907から
(2014/7/26 23:20時点)

[contentblock id=footerlink]

←こどもと行く場所なら、雨の日でもある程度安心じゃないかな。

-Ttouble Shooting
-, , , , , , , , , ,